ESR/守谷駅近くに物流施設/延べ2.5万㎡ 戸田で2月着工

 ESR守谷特定目的会社(東京都中央区)は、茨城県守谷市のつくばエクスプレス・関東鉄道常総線の守谷駅近くに物流施設を新築する。戸田建設の設計施工で2019年2月中旬に着工し、20年1月末の完成を目指す。
 このプロジェクトは(仮称)ESR守谷ディストリビューションセンター。規模はS造3階建て延べ2万5720㎡。建築面積は8860㎡。基礎は既製杭を採用する。
 建設地は常磐自動車道谷和原ICから約2㎞にある守谷市松並青葉2-8-1の敷地1万3223㎡。シーアールイー(港区)が17年5月末に完成させたS造2階建て延べ3万4223㎡の物流施設「ロジスクエア守谷」(設計施工=JFEシビル)の西側に位置する。
 この土地は当初、17年3月末に土地区画整理事業を終えた守谷市松並土地区画整理組合が、業務系保留地として15年に角田無線電機(千代田区)と売買契約を締結。組合に対し同社は自社倉庫を建設する計画を示していた。

Source: 建設通信新聞
ESR/守谷駅近くに物流施設/延べ2.5万㎡ 戸田で2月着工