建築・不動産・経済の情報を毎日更新!

最新情報アンテナサイト

吹田市/文化会館改修に整備費/1月下旬公告、19年度早期着工

 大阪府吹田市は、文化会館改修事業で1月下旬にも改修工事の一般競争入札を公告する。2018年度11月議会の補正予算で18年度から20年度までの債務負担行為として整備費45億2600万円を設定している。工事は19年3月の議会承認を経て19年度早期の着工、20年9月の供用開始を目指している。
 事業では1985年完成の文化会館(メイシアター、SRC一部S造地下1階地上4階建て延べ1万6145㎡)を大規模改修する。17年2月と3月に一般競争入札したが不調となっていた。
 今年度に実施した事業費の積算では、16年度公告時(予定価格計39億1000万円)と比べ、実勢価格との金額乖離(かいり)分1億7000万円や、建築資材と労務費上昇分7億円、追加工事3000万円、工期延長の経費分などを増額補正している。
 会館は昨年6月の大阪北部地震の影響で大ホール客席の天井の地震に対する耐性が低下したため、現在、大ホールが使用できない状況となっている。市は昨年9月の議会でも事業提案していたが、議会の審議を受け、いったん提案を取り下げ、最適な整備手法や早期復旧の必要性などを再検証していた。
 16年度の工事発注には一般競争入札を採用し、建築、電気設備、機械設備、舞台照明設備、舞台音響設備の5工事に分割発注していた。
 今回も分離発注となるかは現在調整中だが、不調にならないための最適な発注形式にする考えだ。
 改修工事の設計は東畑建築事務所が担当した。工事場所は同市泉町2-29-1。

Source: 建設通信新聞
吹田市/文化会館改修に整備費/1月下旬公告、19年度早期着工