泉陽興業/630mのロープウェー/日本初の常設都市型

 横浜市は、泉陽興業(大阪市)が提案した日本で最初の常設都市型ロープウェーの整備・運営事業の検討状況を13日の市会常任委員会に報告した。市の都心臨海部にあるみなとみらい21地区の桜木町駅前広場~運河パーク(新港ふ頭)を結び、延長は約630mとなる。2019年度に駅舎や支柱、機械工事などに着手し、20年度の完成を目指す。=1面参照
 桜木町駅前と運河パークにS造2階建ての停留所のほか、地上2基(高さ約10m)、海上3基(高さ約30-40m)の支柱を整備する。ゴンドラは乗車定員8人で36基(全基車いす対応)とする。デザインの基本コンセプトには▽調和▽統一感▽先進性▽ダイナミック▽3次元--を据えた。

Source: 建設通信新聞
泉陽興業/630mのロープウェー/日本初の常設都市型