5月24日まで参加表明受付/美濃加茂市の美濃太田駅周辺整備将来基本構想策定

 岐阜県美濃加茂市は、JR東海と長良川鉄道が乗り入れる美濃太田駅周辺のにぎわい創出に向けて「美濃太田駅周辺整備将来基本構想策定業務」の公募型プロポーザルを15日に公告した。参加表明書の提出は24日まで。提案書などの提出期間は29日から6月5日まで。7日の書類審査、19日のプレゼンテーション・ヒアリング審査を経て、21日に最優秀事業者を公表する。 主な参加資格は、過去5年間に同種または類似業務の受注実績があること。市は駅南地区の商店街のにぎわい喪失などの課題を解決するため、中心市街地である駅周辺の商業・サービス機能の維持と向上、安全で快適な交通・生活環境の形成、防災・減災機能の向上などの施策を検討している。
 今回の業務では、前提条件などの把握、課題整理、基本指標の設定、基本構想(案)を作成する。合わせて、モデル地区(1-2ha程度)の設定や、整備手法、事業スキームなども検討する。
 履行期間は2020年3月27日まで。

Source: 建設通信新聞
5月24日まで参加表明受付/美濃加茂市の美濃太田駅周辺整備将来基本構想策定