24日まで2件受付/小樽開建WTO/第2第3バンノ沢川橋詳細設計

 北海道開発局小樽開発建設部は13日、WTO対象となる「一般国道5号共和町第2バンノ沢川橋詳細設計業務」「同第3バンノ沢川橋詳細設計業務」の公募型プロポーザルを公告する。2件の参加表明書は24日まで、技術提案書は9月4日まで電子入札システムで受け付ける。両業務の参加資格は、土木関係建設コンサルタント業務の認定を受けている単体またはJV。
 第2バンノ沢川橋の業務内容は、延長534m(7径間連続PCラーメン箱桁)、コンクリート上部工一式、橋台工、橋脚工(壁式橋脚)各2基、橋脚工(SRC橋脚)4基、橋台基礎工(深礎杭)2基、架設計画の詳細設計。
 第3バンノ沢川橋の業務内容は、延長237m(3径間連続PCラーメン箱桁)、コンクリート上部工一式、橋台工、橋脚工(SRC橋脚)各2基、架設計画の詳細設計。
 履行期間は第2バンノ沢川橋が2020年12月14日、第3バンノ沢川橋が同11月16日まで。業務場所は共和町。
 両橋は、高規格幹線道路の倶知安余市道路(延長39.1㎞)に建設を予定している。

Source: 建設通信新聞
24日まで2件受付/小樽開建WTO/第2第3バンノ沢川橋詳細設計