松戸市の千駄堀地域/まちづくり合意形成支援/8月8日まで申請受付

 千葉県松戸市は2日、千駄堀地域まちづくり合意形成支援業務委託の一般競争入札を公告した。申請書は8日まで受け付ける。9月3日に開札する。
 参加資格は名簿のうち測量・コンサルタント部門の「土木:都市計画」に登載され、県内に本店、支店か営業所があることなど。過去10年間に官公庁が委託した土地区画整理事業の合意形成業務の履行実績も求める。
 千駄堀地域(千駄堀、中和倉の各一部)は、市立総合医療センター(基本設計=佐藤総合計画、実施設計・施工=清水建設)が2017年12月に開設したJR武蔵野線新松戸駅~新八柱駅間のエリア。
 同業務は市都市計画マスタープランに新規市街地の整備を位置づける千駄堀地域を対象としたまちづくりの勉強会運営支援、まちづくりシンポジウム開催支援、地域にふさわしい将来像を描くための合意形成の方策検討と20年度以降のロードマップ作成など。予定価格は784万円(税別)で最低制限価格も設ける。履行期限は20年3月31日。同マスタープランでは、千駄堀地区整備との連携を図りつつJR武蔵野線の新駅(仮称・千駄堀駅)設置を促進する方針を掲げている。
 18年度の同地域まちづくり計画調査検討業務はJR東日本建築設計が担当した。

Source: 建設通信新聞
松戸市の千駄堀地域/まちづくり合意形成支援/8月8日まで申請受付