藤沢市/市民会館再整備市場調査/国際航業に決まる

 神奈川県藤沢市は、「藤沢市民会館再整備サウンディング調査等支援業務委託」を公募型指名競争入札した結果、369万円(税別)の国際航業に決めた。予定価格は430万円(同)、最低制限価格は365万5000円(同)で、1日に開札した。落札者の支援を受けながら、2020年度の基本構想策定に備え、サウンディング調査やワークショップを開く。
 落札者のほか、日本総合研究所が350万円(同)で応札し、最低制限価格未満で失格となった。
 支援業務の概要は、▽実施要領の作成支援▽実施要領等調査説明会と見学会の開催支援▽調査の前提条件の整理支援▽調査項目の作成支援▽調査実施の支援--のほか、市民向けワークショップの運営補助など。履行期間は20年2月29日まで。
 所在地は鵠沼東8-1ほか。建ぺい率は80%。容積率は400%だが、地区計画で300%に制限されている。JRや小田急線などが乗り入れる藤沢駅から徒歩圏内の場所にある。藤沢市民会館(総延べ1万0763㎡)と南市民図書館(延べ1314㎡)の敷地面積は計約1万9000㎡。
 市民会館は老朽化が進み、現在地での建て替えを軸に再整備の検討を進めている。過年度の調査で事業費約120億円を見込み、同会館と隣接地で同じく老朽化が進む南市民図書館や市民ギャラリーなどとの複合施設整備を計画。事業手法はPPP・PFIを含めて比較検討する。
 このため、今回のサウンディング調査では、ディベロッパーやゼネコンなどを対象に事業の市場性を確認する考えだ。順調なら9月上旬にも実施要領を公表し、同下旬から10月にかけて調査する見込みだ。
 17年度の「藤沢市民会館建物調査委託」は梓設計が担当した。

Source: 建設通信新聞
藤沢市/市民会館再整備市場調査/国際航業に決まる