リクナビを利用せず就活している学生を「内定辞退危険人物」として企業へ情報提供

経済情報
1: アンドロメダ銀河(埼玉県) [US] 2019/08/07(水) 01:31:15.50 ID:wZC6Bcai0●

kf_recruit_01リクナビの「同意なしに学生の個人情報提供」はなぜ起きた? 裏には企業との業務提携関係

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが、就活生が内定を辞退する可能性を予測して企業に提供していた問題で話題を集めている。第三者への個人情報の提供に同意していないにもかかわらず、企業にデータを提供された学生は7983人。それも「リクナビに登録したが、リクナビでほとんど就職活動をしていなかった学生」という。なぜこのような問題が起きてしまったのか。

リクルートキャリアによると、個人情報の提供に関する同意が取れていなかった原因は「プライバシーポリシーの記載不備」という。学生にはリクナビ登録時と企業の選考参加時にそれぞれプライバシーポリシーへの同意を求めているが、登録時に提示しているものからは「行動データを企業に提供する場合がある」といった記載が抜け落ちてしまっていた。

リクナビから企業の選考に1社でも参加した学生であれば、そちらで同意を得られたが、「リクナビに登録したものの、どの企業の選考にも参加していなかった学生」については、同意が得られないままになっていたという。しかし、リクナビDMPフォローは「企業が自社の選考に参加している学生の内定辞退率を判定する」ためのサービス。なぜ、どの企業の選考にも参加していない学生のデータが提供されていたのか。その理由は、データを受け取っていた38社とリクルートキャリアの関係にある。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/05/news145.html

3: ミラ(福岡県) [ヌコ] 2019/08/07(水) 01:33:27.76 ID:TgAqgfEA0
就職活動のサポートじゃなくて
阻害を行ってるんだから凄い企業だよな


続きを読む

Source: マネーニュース2ch
リクナビを利用せず就活している学生を「内定辞退危険人物」として企業へ情報提供