NTTファシリティーズに/マリノス練習場実施設計/横須賀市

 神奈川県横須賀市は、サッカーJ1チーム、横浜F・マリノスの練習場整備に向け、「(仮称)久里浜一丁目公園グラウンドほか実施設計業務」を1億3915万円(税込み)でNTTファシリティーズと随意契約した。同者が横浜マリノス(横浜市)から基本構想・基本設計を受託していたためで、7月17日に契約した。
 現段階での総事業費は約64億円を見込む。実施設計の履行期間は2020年3月13日まで。20年度の工事着手、22年1月の第1期供用、9月の全体供用を目指す。
 JR久里浜駅至近の敷地約3.6haにサッカーグラウンド(天然芝)とフットサルコート(人工芝)を各2面、その他施設として管理棟、駐車場、芝生広場、周遊路なども配置する計画だ。
 市と横浜マリノスは5月に練習場機能の集約・強化とともにスポーツを核としたまちづくりの推進や地域の活性化に向け、久里浜1丁目公園整備に関する基本協定を締結している。

Source: 建設通信新聞
NTTファシリティーズに/マリノス練習場実施設計/横須賀市