鹿島がロボ開発/照度測定と調整無人化/作業人員を8割削減

 鹿島は、建築工事で竣工直前に実施する各照明設備の照度測定や調整作業を無人化するロボットを開発した=写真。愛知県と大阪府内の施工中現場に適用したところ、熟練作業員と同等の測定結果が得られた上、作業人員は従来と比べて約80%削減できた。将来的には騒音・温湿度測定にも適用を拡大する考え。
 建築工事では、建物の竣工直前に各設備機器の試運転や調整を実施する。天井の照明設備の場合、机上面や床面の照度が設計値通りになるよう、すべての照明設備を対象に検査・調整する必要があるほか、太陽光の影響を避けるため夜間に作業する必要があり、現場管理者の大きな負担となっていた。
 今回開発したロボットは、自走して照度測定を実施しながら、照度の調整作業まで自動で実施する。事前に測定するエリアの図面データから照明と照度センサーの位置を読み込むことで、自動で走行経路も決定する。走行時は、搭載したレーザーレンジファインダー(LRF)が壁からの距離を計測して自らの位置を認識して走行する。障害物があっても、LRFが障害物を認識して自ら回避して走行ルートに戻る。走行しながら常に自己位置を確認・補正しているため、正確に測定ポイントで止まって照度を測定できる。
 照度測定時は、照度計を搭載したアームが上下し、床面から一般的な机上面の高さである800mmまでの範囲で任意の高さの照度を測定する。測定データは照明制御システムに送信し、目標照度に調整する。床レベルの照度も測定するため、非常照明にも適用できる。照度測定動作は、1カ所当たり2秒ほどの短時間で終了する。測定データは品質記録として出力もできる。
 走行速度は最高で秒速1mで、サイズは長さ600mm、幅500mm、高さ450mm、重さは22㎏となっている。

Source: 建設通信新聞
鹿島がロボ開発/照度測定と調整無人化/作業人員を8割削減