千代田区/KKRの旧九段坂病院跡/土地取得へ交渉

 東京都千代田区は、KKR(国家公務員共済組合連合会)が所有する旧九段坂病院跡地の取得に向けて交渉を進める方針を固めた。2019年度内の取得を目指し、今後、庁内で土地活用策の検討を進める。 区が取得を目指しているのは九段南2-1-1の3493㎡。用途地域は第二種住居地域・防火地域で、建ぺい率60%、容積率400%となっている。
 区の担当者は「区内でこれほど大規模な土地を取得できる機会はほとんどない」と話している。
 KKRは19年度内に跡地を売却したい意向を示し、区に売却を打診。区は取得を検討すると回答した。10月から不動産鑑定を開始し、あわせて用地取得交渉も始める。売却交渉が合意に達した場合は20年2月の区議会第1回定例会に補正予算を提案し、議決されれば3月に土地売買契約を結ぶ予定だ。

Source: 建設通信新聞
千代田区/KKRの旧九段坂病院跡/土地取得へ交渉