梓設計を特定/新庁舎基本・実施設計/八女市

 福岡県八女市は、「八女市新庁舎建設基本・実施設計業務」の公募型プロポーザルを実施した結果、梓設計を特定し、1億5400万円(税込み)で契約した。プロポーザルには5者が参加した。 設計条件は、本庁舎が5階建て程度、延べ1万2000㎡程度。公用車車庫と保健センター整備は基本設計の中で決める。このほか、本庁舎・保健センターなどの解体、駐車場整備約1万2500㎡など。履行期限は2021年2月25日。基本設計は20年3月19日まで。
 工事は21年7月から23年12月までを予定。概算事業費は新庁舎建設工事約57億8000万円、解体約2億7000万円。
 建設地は本町647の現庁舎敷地内。

Source: 建設通信新聞
梓設計を特定/新庁舎基本・実施設計/八女市