4-6月に建築公告/市立図書館本館再整備/多摩市

 東京都多摩市は、図書館移転事業「多摩市立図書館本館再整備」の新築工事を2020年4-6月ごろに公告する。総合評価落札方式の採用を検討している。新築工事の事業費は43億円を見込む。20年10月に着工し、22年6月の竣工を目指す。開館は22年秋を予定している。設計は佐藤総合計画が担当。
 基本設計段階の規模は、S・RC・SRC造地下2階地上2階建て延べ5495㎡。開架と閉架合わせて約63万5000冊を収蔵する。席数は550席。
 多摩中央公園内北西側に建設する新図書館は、南北にカーブしながら伸びた現敷地の緑豊かな斜面形状を生かし、地形に合わせた構造にする。隣接するれんが坂に合わせ、外壁の一部をれんが調にするほか、緑を残しながら緑道を整備することで、公園との一体化を図る。
 1階はれんが坂側に、2階は多摩中央公園側に出入り口を設けるほか、1階と2階の中央には2つの出入り口をつなぐ大階段を設置して行き来しやすくすることで、「公園とまちをつなぐ図書館」にする。
 従来の建物で必要なエネルギー量を50%以下まで削減するZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)Readyを実現するため、屋根と外壁の高断熱化や自然採光の取り入れ、人検知センサーなどの環境負荷を制御するシステムを導入する。
 所在地は落合2-35の敷地4273㎡。

Source: 建設通信新聞
4-6月に建築公告/市立図書館本館再整備/多摩市